Thursday, April 7, 2011

俺の帰り道

夜に地震ありましたね、、、俺が朝までバイトするっ日に限って地震が起こる気がします。

去年まで半NEETだった俺が朝まで働くなんて有り得ないって事なのか??そうなのか??


そして無事にバイト終了。

眠い、、、疲れた、、、早く帰ろう(≡ω≡.)

扉を開けて外へ、、、



強風...orz


更には向かい風、、、吹き荒れる風とそれに乗って飛び交う花粉を食らい、文字通り涙目になりながら自転車で帰宅。


下り坂なのに失速するって一体どういう事なんだ!!??(ちなみに片手に持っていた煙草は一瞬で燃え尽きた)

っと全力で叫びたくなったがこんなのはまだ序の口だった、、、

追い風に乗って通学する学生達に殺意を抱きながら自転車をこいでいると、見晴らしの良い農道に出た。



このネバーエンディングロード(終わるけど)が尋常じゃなく苦痛だった、、、

風の通り◎、全力で立ちこぎしても十数キロしか出ない。


いつもより3倍長く感じた。


そして前には割と太っちょな女子高生が立ちこぎをしているではないか、、、強風でスカートがバタバタ。


(ちょっ、、、待っ!!お願いだからジャージとか履いてくれっ!!頼むっっっ!!!!!)


っと心の中で叫び、抜かそうと決意、、、しかし。


「はっ、、、早いだと!?」

遅刻しそうなのか何なのか急いでいる、、、しかし俺も早く帰りたい!!また後でバイトなんだから!!こんな日にスカート履くとか何なの痴女なの??せめて飛脚ニー、、、なんでもありません。


何とか追い抜かし一安心、しかしまだ苦難は終わらない。


(うぐぅ、、、くさい。)


周りは畑しかないから風に乗って牛だか馬だかの糞の香ばしい香りが♪♪

全力で自転車を走らせてマスクまでしてるもんだから呼吸が乱れる!!

糞の香ばしい香りが口の中いっぱいにうっぷ、、、おろおろおろろろろ。←(すいませんこれは嘘です)


あぁ、、、

朝までバイト後のこの疲労感で踏み込む重いペダル、強風向かい風、からの異臭、、、何だか度Mになりそう(はぁはぁ)

いっそのこと「強風から漂う馬糞のニオイヒャホーイ \(^o^)/ 」とか叫びたい。

流石に変質者の度合いを大幅に上回るので我慢しました(平常心を保て俺っ!!)


そして何とかネバーエンディングロードを脱出して川沿いの道に出た。

「ここは高校時代の通学路!!ここまで来れば後もう少しだ!!」←とは言ってもまだ半分ぐらい

安心したのも束の間、何か飛んで来た。


「ぎゃあぁぁぁぁっっっ!!!!目がっ!!目がぁぁぁっっっ!!!!!!!」←どっかで聞いたセリフ


虫が目に飛び込んで来た、もう何なの。

そう、暖かくなって来るこの時期、この川沿いの道には蚊みたいな小さい羽虫が大量に発生するんですよ、、、学生時代に何匹も目に飛び込んできて本気で失明するんじゃないかと思ったぐらいだよ。

ぐふぅ、、、この強風で片手運転は辛いが目から虫を摘出せねば。

奴等はそんなに目ん玉が好きなのか??目ん玉の良い感じの潤いを求めているのか??

何とか虫を取り除き(粉々になった虫が摘出されるのは言うまでもない)ちょっとコンビニで給料を下ろしがてら休憩( ̄ω ̄)


ATMの引き下ろし手数料→8:45~105円、それより前の時間だと215円。

現在の時刻→8:40。


手数料110円を渋る為仕方なく店内をぶらつき時間をつぶす事に。(極まりなく貧困)


(、、、アイスが食べたい。)


アイスコーナーへ。


(、、、ブラックサンダーモナカが食べたい。)

しかし10円足りない、なんでモナカなだけで20円も高ぇんだよ。

諦めてブラックサンダーアイス(棒についてる奴)を購入、したら良い感じに8:45、マネーを下ろしアイスを食べながら帰宅。


案の定、棒に刺さったアイスは強風に揺られる溶ける服に着く!!!!!!

ATMちょっと待ってモナカ買えば良かったじゃないか、、、



馬鹿なのか俺は??



ベタベタして気持ちが悪いままやっと地元付近に辿り着く。

(よし、風を喰らわない様に狭い道を通ろう!!)

そして高校時代に良く通った狭い通路へ!!



謎に停車している車、しかも両サイドピッチリ。




生まれて初めて車にベル鳴らしたわ。



何とか通り抜け自宅はもうすぐだ!!急ぐっっっ!!


すると今度は道幅ガッツリのワゴン対向車。



うぁっ、、、うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっっ!!!!!!!!!...orz


もう、、、



このまま向きを変えて追い風に乗って、、、



何処か遠くへ行きたいです。



自宅まで残り数百メートルと言ったところ。



なんか風が止んできた。


あれ??何だろう??むかつく。



END

(この話の3割ぐらいはフィクションです。)




最近ろくな目に合わない気がするんだが、、、気のせいじゃないよな??