Thursday, March 17, 2011

何か自分にできる事はないか

昨日今日と朝まで働いて来ました!!

ニュースやPCで被災地の情報を見てるけど、、、逆に力を貰いました。

この極限の状況でも被災者の方達は死に物狂いで頑張ってます、原発も被害が拡大しない様に本当に死ぬ覚悟で頑張ってます、なのに全く普通の生活をしている我々は一体何をしているんだろうか??

バイト中にずっとその事を考えてました。

自分が働いたお金で少しでも被災地に支援出来たらなと、、、頑張ろう(`・ω・´)


参考なまでに今我々にできる事↓↓


節電について
・ピーク時間帯(朝7~10時、夜17時~20時)の利用はなるべくさける。
・電気ストーブやドライヤーなど消費電力の大きな物の使用を極力控える。
・暖房機器の設定温度を下げる。
・炊飯器・ポットなど保温機能はできるだけ使用をさけて下さい。
・カーテン、雨戸を閉め断熱効果を上げる。
・冷蔵庫はむやみに開け閉めしない。
・洗濯乾燥機の使用を避け、可能な限り自然乾燥で。
・温水洗浄便座の温水や保温便座の設定温度を下げるもしくは停止。
・家庭内では家族は出来るだけ1カ所の部屋で過ごす。
・(電気温水器)お風呂は家族皆で間を空けない、前の人が風呂から上がればすぐ次の人がお風呂に入る。
・(電気温水器)お風呂のフタは確実に、湯に浮かして使う保温シートも効果的、100均にもあるかと思います。
・テレビ・ビデオ、パソコンなど待機電力のある機器は主電源から切る、またはコンセントを抜く。

買い占めについて
首都圏をはじめとして食料品や日用品の品薄状態が発生しております。不安なお気持ちは重々おありかと思いますが、
政府のアナウンスでは「全国的なレベルで見れば、生活が困るような物資の不足は生じていない。被災地への物資の調達に障害を来す」としています。
また燃料の買い占めについても燃料を確保して被災地に到達させる輸送ラインがうまく機能しない為自粛をお願いする通達を出しています。

ボランティアについて
現地へのボランティアは被災地の受け入れ体制が整ってからお願いします。
まだ、満足に道路・鉄道等の交通機関の復旧が行われておらず、復旧されていても緊急車両の通行が優先されています。
また、道路の陥没、建物の崩落等で危険な箇所がまだ数多くあり、ご自身も負傷される危険性も非常に高くなっておりますので、
くれぐれも現在はボランティア活動目的で現地へ赴く事を控えてください。
ただ、被害が甚大な規模であることから、今後長期にわたり支援・復興に多大な協力が必要になることが予想されます。
来るべき時期が来ましたら、協力の輪を拡げていただければと思います。
ボランティアの受け入れ態勢は整い次第日本赤十字社よりお知らせするとしています。
現時点での被災地への個人からの支援物資は受け入れておりません。送る物が本当に今必要としている物と違っていたり、
物流の確保も満足に回復できていない状況ですので、今のところ救援物資に関しては、各自治体を通して行うか災害支援のプロに任せるようにして下さい。

献血について
献血に関しまして、現在各地でご協力されている方が増えておりますが、
一度に集中すると血液製剤の保存期限上の観点から需要と供給のバランスが崩れる恐れがあります。
皆様の善意を無駄にしないためにも適切な時期に献血を行い、安定した供給が出来るように致しましょう。
一度400ml献血すると男性は12週間、女性は16週間再献血できません。
それに対して血液を医療現場等で使用出来るよう血液製剤に加工するのに約2日かかり、血液製剤は赤血球が3週間、血小板で4日の有効期限があります。
献血に適切なタイミングであるかどうかは、各都道府県の血液センターのホームページで確認し、その上で献血ルームへ行くように致しましょう。

義援金について
義援金に関しまして、残念ながら義援金詐欺が横行しているようです。
今義援金を送ろうとしている団体・企業が信頼できる機関かどうか、また不審な電話や訪問も確認されているようですので、注意しましょう。
また、お金以外でもポイントやアプリのダウンロード、クリック募金等、身近なことから支援できるサイトもございます。

大切なのは、これを機に皆様が出来る色々な支援の形を見つけ、
いつ収束するかわからないこの状況の中で、支援をできるだけ長く継続させることです。
数ヶ月後~1年後~10~20年後それぞれのスパンにおいて何ができるかを考え、今はそれを準備することが本当の支援になるのではないかと思います。


少しの募金や少しの節約ぐらいしかできませんが、、、出来る限り応援したいと思います!!